ブログ

【半衿染め体験・輪出し(梅)】

2019.4.16 / 染め体験

ワークショップメニューに輪出しの半衿(梅)が加わります☆

IMG_2882

IMG_2888

IMG_2911

IMG_2912

IMG_2909

帯揚げのワークショップ新メニューでもご紹介しました輪出し梅シリーズの半衿バージョンです。

輪出しとは、柄を白く残す帽子絞りの逆(逆帽子絞り)のことで、柄のまわりをビニール等で包んで絞り、染めたい柄部分だけを出して染める、非常に高度な技法です。
その為今まで絵絞庵のワークショップではこの技法を使っていませんでしたが、染め方を工夫することで皆様にも体験していただけるようになりました。
とは言っても難しい部分もありますが、染まりの悪い部分等は後から修正させていただきますのでご安心を。

ワークショップ用に工夫した方法の逆帽子絞りを主に、傘絞り、帽子絞り等を用い半衿を染めていただきます。
片衿に柄があるものと、両衿に柄があるもの、の2種類からお選びください。
右衿柄にも小さな梅柄があります。

* 作業内容
柄を縫い、絞り、染め(片衿は一色/両衿は一色か二色)、ほどく
(予め見本として、下絵、一部縫い・絞り工程済みです。)

* 所要時間 
3時間程
辻が花・作品についての解説、お茶・お菓子付き

* 料金 
片衿10,000円
両衿11,000円
(材料費・蒸し代・消費税込み、送料別)

※生地は塩瀬に近い正絹で、塩瀬よりはスレ、キズになりにくい素材です。

※お色は、藤紫(紫色)・牡丹色(ピンク色)・若葉色(緑色)・わすれな草色(青色)・ひまわり色(金茶色)の5色と
、各々その渋めの色味5色、
銀鼠(鼠色)の11色ほどご用意しますので、お好きな色を1色か2色お選びください。(人数が多く色数が多い場合、お時間が掛かることがございます。)

☆選べるお色を増やしました☆

※色留めの為の蒸し、アイロン仕上げ後、郵送させていただきます。(送料360円 日本国内)

※お手入れ方法について
クリーニングに出していただくか、ご自宅でもお洗濯していただけます。
お洗濯の際は、水で軽く手洗いでお願いいたします。
ご心配な方はクリーニングか揮発系溶剤のご使用をお願いします。
(詳細はワークショップ時にご説明いたします。)

備考
・エプロン等をご用意しますが、染める作業をしていただきますので、念のため汚れても良い服装でお越しください。
・所要時間は目安です。作業進行具合により延びることもございますので、時間に余裕を持ってお越しください。
・五名様まで受け付けております。英語対応可。日曜・祝日にご予約希望の方は、事前にご相談ください。
・染め体験ご希望の方は、2日前までにお電話・メールまたはWebサイトよりご希望の日時をお知らせください。
・開始時間は雪花絞りが10〜11時・13〜15時開始。他は13〜14時開始。終了時間は内容により異なります。

自分だけのとっておきの半衿作り、楽しんでみませんか★
皆様のお越しをお待ちしております。

※片衿のグリーンの半衿の生地は実際のものと異なります。

About
制作のことやイベント・展覧会情報、日々の仕事で感じたこと、京都のことなど綴っていきます。
月別アーカイブ
PAGE TOP
PAGE TOP